カテゴリ:たべもの & ワイン( 265 )
野菜弁当 ちょっと肉


空っぽ。



[PR]
by IamYukko | 2018-05-01 07:03 | たべもの & ワイン
クラブケーキに挑戦
料理がプロ級の友人宅にお呼ばれの時、さてさて何を持っていこうか悩みます。しかもワインとのペアリングも一緒に。そこでおもいついたのが、クラブケーキ。作ってみよっと。
初挑戦で、人のお宅に持っていくのって・・・。



アメリカ在住のこちらの方のブログを参考につくってみたら、非常に美味しくできました。Costcoのダンジェネストクラブがポイントですね。大きな身がたくさん入っていてカニの味がしっかり味わえます。

ホールフーズ風クラブケーキ



シャブリとも相性がよく、ほっと。





[PR]
by IamYukko | 2018-04-22 08:17 | たべもの & ワイン
夏野菜の始まり@2018
また この季節が・・・毎年恒例の夏野菜をスタート。
去年は大失敗。うまく育ちませんでした。今年はマルチをかぶせて再挑戦。さて、うまくいくでしょうか?







[PR]
by IamYukko | 2018-04-17 23:57 | たべもの & ワイン
4月16日@2018



昨日はビーフシチュー、ポレンタを作ってもらいました。ありがたい。作ってもらう料理は、なんて美味しいのでしょう。そして、このワイン。


"Drink between : 2004-2013" と書いてありましたが、2018年でも非常に美味しく、しかも素晴らしい香り。カリフォルニアに、はまっていた頃を懐かしく思い出しました。最近カリフォルニアはあまり飲んでいませんが、やっぱりホワイトホールレーン、裏切らない美味しさです。


[PR]
by IamYukko | 2018-04-17 08:41 | たべもの & ワイン
ワイン会 Rhône飲み比べ @2018
南フランスにあるローヌ川沿いに広がるコート・デュ・ローヌ地方。
ボルドーに次いでフランス第2位。ワイン生産量を誇る、上質なワインを多く生み出す地方です。

この地方では、パワフルで濃厚な味わいが特徴の『シラー』と、まろやかで甘みを感じさせる果実味が特徴の『グルナッシュ』が多く栽培、この2品種を主体としてブレンドした、いわゆる「ローヌ系」の赤ワインが多く作られています。私たちメンバーは、結構好きなタイプのワイン。楽しい飲み比べ会でした。






2016 Chante Cigale Châteauneuf-du-Pape $24.99

2016 Domaine des Remizières "Cuvée Christophe" Crozes-Hermitage Blanc $24.99


2015 Domaine Pichat "Champon's" Côte-Rôtie シラー100% $44.99

2015 La Ferme du Mont "Vendanges" Châteauneuf-du-Pape グラナッシュ80%、シラー10% $34.99

この2点をじっくり飲み比べしてみました。Châteauneuf-du-Papeワインが大好きですが、今回飲んだCôte-Rôtie($44.99)深みがあって、非常に美味い。今回の一番人気。カリフォルニアワインでシラー100%だったら、濃くて飲めないのですが、場所が違うとこうも違うのか・・・面白いです。

2014 Ferraton Père et Fils "Les Calendes" Crozes-Hermitage シラー100% $17.99

最後はお手軽、あーよく知っているローヌワインの味。もちろん上記に比べれば、落ちますがデイリーワインにはもってこい。やっぱりローヌは美味しいです。










[PR]
by IamYukko | 2018-04-10 08:18 | たべもの & ワイン
フランスパン
hiroはあまりパンを食べません。かなりのご飯党!!
たまに、マンレサのバゲットとMちゃんのパンだけは好きで食べていますけど。

ワイン会でマンレサのパンをアレンジしてみました。折角マンレサのパンの味が台無し・・・とhiroに大不評。










[PR]
by IamYukko | 2018-04-07 20:29 | たべもの & ワイン
おしゃれな送別会
アーリーリタイヤメントを決意し、夫婦で日本にしばらく帰って生活する友人の送別会へ。
老後を楽しむ生き方、非常に参考になりました。

帰国する友人、ホストをしてくれた友人、二人ともワイン好き、お料理も上手、そしてテーブルセッティングもおしゃれ。携帯写真ではなく、久しぶりに一眼レフで綺麗な写真に挑戦。とはいえ、写真には集中できず・・泡1本、白2本と料理とのペアーリングに舌鼓。3人ですっかりおしゃべりに夢中。



生後7ヶ月のパピーちゃんのお出迎え。





More
[PR]
by IamYukko | 2018-04-04 08:29 | たべもの & ワイン
Sumo Citrus
デコポン。カリフォルニアでも栽培され、「スモー」として販売されています。
相撲は相撲でも、本当のお相撲さんではなく、相撲のコスチュームを着た人に似ている気がしますが・・。
でも、ナイスネーミング。

ところで、デコポンの名前の由来を知っていますか?
おでこのデコと、親のポンカンから「ポン」をもらい、デコポンという名前になったそうです。



”デコポンというのは、当初、熊本県産の「不知火(しらぬひ)」以外には「デコポン」の名称をつけることが禁止されていました。


他県で生産された「不知火」は

愛媛県では「ヒメポン」

広島県では「キヨポン」

静岡県では「フジポン」

鹿児島県では「ラミポリン」


など様々な名称がつけられていました。しかし、あまにもわかりにくいため市場や消費者の混乱を招く事態になったのです。そこで、関係機関で協議した結果、

・糖度13度以上、クエン酸1.0%以下

・JAに加盟している生産者

は産地に関わらず「デコポン」の名称を使用してよいことになりました。”

デコポンの名前の由来より


もしかして、アメリカは上記の二つをクリアーできないので、「デコポン」という名前を許されなかったのでしょうか?

友人から庭で採れたデコポンを大量に頂きました。甘くて美味しいぃぃ。これは絶対、糖度13度以上、
クエン酸1.0%以下に違いありません。

今、裏庭で必死に果物を育てていますが、はたしてオレンジ、グレープフルーツ、レモン、イチジク・・が庭にある友人たちのような美味しい果物が育つのでしょうか。



頂いたグレープフルーツをジントニックに絞ると、これまた本当に美味しい。ライム、レモンより相性がいいのでは。カリフォルニアは本当にフルーツ天国。バンザイ。




[PR]
by IamYukko | 2018-02-27 07:39 | たべもの & ワイン
アメリカ 卵事情
卵は、狭いケージで育てられている卵(conventional egg)を避け、Cage-freeの卵を買っていました。
実は、このケージフリーは”くせものだ”・・とニュースで読んでびっくりしたので、ここにメモ。

Cage-free hens aren't in cage, but they can be packed together with no outdoor access.
Antibiotics allowed.

えっ、太陽は全く浴びてない・・・!!目からウロコです。

Free-rangeも売っています。あーこっちかあ。
Free-range hens must have some outdoor access. But they may be a mere hole for them to hole
their heads through. No Antibiotics.

えっ、穴さえあればいいの!!でも、こっちの方がよさそうです。では、もっといいのは?

Pasture-raised hens live as natural a life as possible. They spend their day outdoors, and only
come into their coops at night for safety and shelter.

$5.99とちょっと高いですが、Pasture-raised eggという放し飼いにされた鶏から生まれた卵を買うことにしてみました。毎日食べないので、ささやかな贅沢です。栄養価も高いそうです。
もっと気をつけたい方は、Organic Pasture-raisedの$7.99。うわっ・・・・。

卵の違いにつてい




ケージに入っている鶏は、病気にならないように抗生物質を打たれているので、卵からそれが人間の中に入り抗生物質が体内に蓄積されるため、本当に使いたいとき抗生物質が効きにくくなると書かれていました。




1. Organic Pasture-raised
2. Pasture-raised
3. Organic Free-range
4. Organic Care-free
5. Free-range
6. Care-free

低温殺菌された卵・・・Pasteurized egg (卵にPと印が押してあります)
牧草地の卵・・・・・・Pasture-raised egg




[PR]
by IamYukko | 2018-02-14 08:59 | たべもの & ワイン
きりたんぽ鍋
父が秋田出身なので、冬になると実家では「きりたんぽ鍋」がたびたび登場します。秋田の郷土料理ですね。父の子供の頃は、囲炉裏で焼いていたそうです。ネギ、ごぼう、根がついたせり、まいたけ、鶏肉を比内地鶏のスープで。非常においしいです。これが「きりたんぽ鍋」なんだと母が作ったものを食べていますが、一度本場の秋田できりたんぽ鍋、食べてみたいものです。
これは、雑誌にのっていた秋田の老舗料亭「濱乃家(はまのや)」。


日本できりたんぽと比内地鶏スープを買ってきてアメリカで「きりたんぽ鍋」。白菜、春菊、しらたき、もやしも入っていますが。
それでも大満足。ただ、根がついたせりが欲しい・・・・。根がついたせり、シャキシャキして本当においしいです。





日本からアメリカに戻ってきた日、ヒロが作ってくれていた鍋。ありがたいです。しかし、き、几帳面・・。


ここをみたら、「きりたんぽ鍋」また、食べたくなってしまいます。


[PR]
by IamYukko | 2018-02-01 07:44 | たべもの & ワイン


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
Los Gatos
Campbell
Los Altos
San Jose
SantaCruz
San Francisco
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧