<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
初の味噌作り
毎日味噌汁を飲むと、あっという間に味噌がなくなってしまいます。こちらでは、美味しい味噌がなかなかなお値段。前から自分で作ってみたいなと思っていたところ、有難いことに、声をかけて頂いて、生まれて初めてお味噌を教えてもらいました。強く想えば願いが叶うのかもしれません。

材料は3つだけ。塩、麹、大豆。それを・・・

もどす ─ 洗い、水に漬けて戻す
煮る ─ 水を吸った大豆を煮る
潰す ─ 煮て柔らかくなった大豆を潰す
混ぜる ─ 潰した大豆と麹と塩を混ぜる
発酵 ─ 味噌を保管容器に移し発酵熟成させる

2日間と時間はかかりますが、以外とシンプルでびっくり。そして、なんだか工程が楽しいのです。
古いものほど熟成して味に深みがましていく味噌。何年も自分で味噌を作っている友人に味噌のテイスティングをさせてもらいました。同じ豆がこんなに変わるとは・・・・。まずは最初の一口が始まる3ヶ月後が楽しみです。

Untitled

Untitled

Untitled

ひよこ豆編
[PR]
by IamYukko | 2016-02-22 22:14 | マクロビオティック
pait nite再び
友人の誕生会にまたpait niteに行ってきました。楽しくおしゃべりしながら、軽くお酒をひっかけながら、レストランの片隅で、絵を描くイベント。でも、実際に描き始めると、おしゃべりできなくなってしまうのです。夢中になってしまうのです。というか、必死・・・という感じでしょうか。

Untitled

Untitled

Untitled

前回のpait nite
[PR]
by IamYukko | 2016-02-17 08:33 | えいが & ほん & アート
ペットを飼い始めました
非常に変わったペットです。

それは、乳酸菌。やっては、失敗していますが、懲りずに、またぬか漬けをはじめました。このような記事を読むと、やっぱりぬか漬けたべようっと、と思うのです。

漬物と乳酸菌

Untitled

Untitled
[PR]
by IamYukko | 2016-02-17 07:25 | マクロビオティック
水菜を食べて思うこと
アメリカ人の友人から庭で育てている無農薬の水菜をもらい、サラダにして生でパリパリいただきました。こういうのを食べちゃうと、やっぱり自分で育てたくなります。

Untitled

Untitled
[PR]
by IamYukko | 2016-02-12 01:07 | マクロビオティック
Bridge of Spy
ブリッジ・オブ・スパイを見ました。アカデミー賞のノミネート作品です。

敵国を弁護して非国民扱いを受けるトムハンクス。やっぱり演技が上手い。感情を出さないで、淡々と絵を描いている熟年のソ連スパイの演技のしぶいこと。二人の関係の深まりにもぐっときます。ブルー系の映画の色もすごく好き。前半と後半がなんだかパキと分かれているのが気になりましたが、なによりも実話好きな私としては、普通に面白い映画だと思います。

Untitled

町山智浩さんの『Bridge of Spies(ブリッジ・オブ・スパイ) 』解説。町山さんって本当に面白い。彼の解説を聞くと見たくなります。見る前にぜひ。by ラジオたまむすび


[PR]
by IamYukko | 2016-02-10 09:05 | えいが & ほん & アート
週末はスーパーボール @San Jose
週末は、スーパーボールでアメリカはお祭り騒ぎ。アメリカ一を決める大会がシリコンバレーの中心にあるリーバイス・スタジオでありました。2013年に出来たばかりのハイテクスタジオ。サンフランシスコの市内からは1時間ほど離れていますが、テレビを見ていると、紹介の仕方がまるでサンフランシスコにあるような・・・。

病院の先生からこんなことを聞きました。「6カ月前から、大きい病院ではテロがあった場合の受け入れ対応をしていたのよ」と。警備もすごかったことでしょう。裏方では色々なことが起こっていたのですね。

相変わらず平日はヘルシー弁当続いています。

UntitledUntitledUntitledUntitledUntitledUntitled
[PR]
by IamYukko | 2016-02-08 00:26 | マクロビオティック
昨日は節分、今日は立春
昨日は節分。日本語クラスで節分を話題にしました。「豆まきをして悪い鬼を追い出す」ということより、みなさん、由来に興味があるようです。そこはインターネット。助かります。

節分と豆まきの由来

次に、恵方巻きを食べる習慣を話すと、たいてい苦笑い。バレンタインデーはお菓子業界で、今度はお寿司業界ですか、と。

江戸時代は、元旦は初詣に行く習慣がなく家で家族で過ごした。神様を家にお迎えするという考え方。そのために大掃除やお供え物をして準備をする。初詣がなかった江戸時代の主流は、立春の時期にその年の神様がいる恵方にある神社にお参りに行っていた(恵方参り)。明治になり、大きな神社やお寺の近くに鉄道が通るようになる。その結果、参拝客が増え、元旦の日に参拝が定着していき、初詣と呼ばれるようになった。初詣と言われるようになったのは、たった100年ぐらい前。

このような話を読んだことがあります。

2月の時期に、その年の神様がいる恵方参りをする・・>縁起のいい恵方で何かをする・・>恵方に向かって太巻きを丸かじりする、という風になっていったのでしょうか。お寿司業界、のり業界、コンビニ業界の戦略かもしれませんが、なかなか楽しいイベントです。

恵方巻きの食べ方についてこんな風に書いてありました。
”節分の夜にその年の恵方に向かい、目を閉じて願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかぶりするのが習わしとされる。食べている間は無言でなければならない。 七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ等七種類の具を入れて「福を食べる」という意味合いもある。「福を巻き込む」という説明もある。”

へえ〜。

日本にいたころは、恵方巻きの習慣が全くなかったので、今までスルーしていました。サツマイモを買いにnijiyaにいったら、恵方巻きが山済み。カニカマ、高野豆腐、うなぎの3種類。折角だから、高野豆腐バージョンを一つ購入。

Untitled

切ってふたりで、南南東に向かってがぶり。本当は切ってもいけないんですね。まあ、いいや。
nijiyaの太巻き、なかなかいけましたよ。

Untitled
[PR]
by IamYukko | 2016-02-04 08:40 | くらし
干し芋好き その2
サツマイモといえば男性より、やっぱり女性子供が好きですよね。Hiroもサツマイモだったら、ジャガイモにしてくれーという派。
ジャガイモ>里芋>カボチャ>サツマイモでしょうか。しかし、前回作った干し芋の評判のいいこと。二人であっという間に完食。早速第二弾。前は小さめの芋を丸ごと蒸し半分に切って干しましたが、今度は、より美味しくできないかと作り方をチェック。

Untitled

マクロビパパの奮闘記を参考にしてみました。今回もNijiyaで2種類購入。小さめの金時芋の方が、ねちょっとできて好みの味でしたので大量に買おうと思っていたのですが、ほとんど売れちゃっていました。また入ってくるのかな、残念。紫芋と白芋も気になったのですが、買わずに帰宅。やっぱり挑戦すればよかった。

Untitled

明日からしばらく天気がよさそうなので太陽と風のエネルギーを浴びた、うまうま干し芋ができそうです。太陽が沈んだら中に入へ。

Untitled
[PR]
by IamYukko | 2016-02-03 08:47 | マクロビオティック


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧