<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「宗教と日本人」のトピックで
New Year

先週の日本語クラスのトピックは「宗教と日本人」。なんとも興味深いトピックだ。もちろん私は、教科書に載っていることぐらいしか説明できないが、まずは、神道と仏教について知っていることを生徒に言ってもらった。

神道について知っていること:
神様がたくさん。神社。棒みたいな門がある(鳥居)。仏教より前からある日本のオリジナルの宗教。結婚式がある。お正月に行く。手をたたく(二拝二拍手一拝)。お守り。

仏教について知っていること:
Buta(仏様)。寺。大きい鐘、インセンス(お香)がある。座禅(修行)。お坊さんがいる。お葬式。お守り。

「世界で有名な宗教はキリスト教、イスラム教、仏教ですが、神道が世界に広まらなかったのは、教えがないからですね」と、一人の生徒さんから驚きのコメントが。

外国の人の方が日本人より詳しかったり、説明できたり、するんですよね。

神道の基本は、太陽の恵みに感謝し、雨の恵みに感謝し、ありとあらゆる自然に感謝し、自分の住む土地の土地神様に手を合わせること。祭りや儀式はあっても、聖書のような教えの本はないこと。仏教が日本に伝わって、あっという間に広まったのは、教えがあったから(それだけじゃないですけど)、というような話をし、神道と仏教が一緒に行われるようになった政治的な背景もちょっと説明したわけです。もちろん浅く。

神道と仏教という2つの考えが別々に対立していたのではなく、神道の中に仏教が入り込んで一体になっていったというのは、なんとも日本らしい。神教ではなく、神道と呼ぶところも。ただ、魅力的な日本のオリジナルの宗教観ができあがっていったのに、それは世界には広まらなかった。まるで、ガラケーのようですね、と最後に冗談をいってみました・・・・・。ちょっと受けましたけど(苦笑)。

この歳になって「神道と仏教」をもっと知りたい、できれば、もっと体感したいと、つくづくそう思うようになりました。

Asakusa

間違えがちな神道と仏教の5つの違い

仏教についての海外の反応
[PR]
by IamYukko | 2014-01-26 12:55 | くらし
ガラケーって知ってる?
Untitled

「日本のガラケーって知っていますか?」と日本語クラスで一人の生徒にたずねられた。

「えっ、何ですか、ゲームの一種?」

「ガラパゴス携帯のことですよ。昔の折りたたみの」とジェスチャーしてくれた。
「ほぉー」と感心。アメリカ人にガラケーを教えてもらった。

しかし、他の生徒さんは「ガラパゴス???ガラパゴス携帯??」と、もちろんなったワケで。
「ガラパゴスってね」と使われ方を説明しよとするが、「あれ、どうして折りたたみがガラパゴス?時代遅れってこと?」と説明できず、急いでネットでサーチ。(クラスでインターネットが使え便利)

ガラケーの意味とは・・・
”ガラケーとはガラパゴス携帯の略で、いわゆるスマートフォンが登場する前の「普通の携帯電話」のことを意味します。じゃあ、どうしてわざわざ「普通の携帯」のことをガラケーなどと言い換えたのかと言いますと・・・それは、日本の携帯が世界から隔離されたような環境で独自の進化をとげたからなんです。ワンセグ・着うた・着メロ・電子マネー・お財布携帯・アプリ・ゲームなど、日本では当たり前のような機能も、実は海外ではほとんど普及していない機能なのです。”「とはサーチ」より

「ガラパゴス」って世界の標準から外れた独自の進化、という意味なのですね。これって、批判的に使われているのでしょうか?ガラケー楽しそうなんですが・・・。

早速、友人宅で「ガラケーって知ってる?」と知ったかぶってみました。

(写真)
その友人宅で、ご主人の誕生日ディナーにちゃっかりジョイン。娘の手作りケーキにパパはメロメロな顔。食事だけでなく幸せ気分もご馳走さま。
[PR]
by IamYukko | 2014-01-21 10:44 | くらし
2014年 ワイン会1 「オリジナルワインの飲み比べ」
Untitled

Untitled

「オリジナルワイン作りをしている方をゲストに招いてのワイン会」。

自作ワインをテイスティングさせてもらいながら、話を聞かせてもらおう、という会に呼んでもらった。ブドウの収穫から、一つ一つの作業までワイナリーに出向いているとのこと。または、自宅のガレージで作業。
東工大の化学工学の出身の方らしく、科学的にワインづくりをされているとのことで、とても楽しみにしていました。

Syrah(2010)
なんて華やかな香りでしょう。香りで既に幸せ。黒のフルーツ系。甘めで、タンニン少なめ。絶対女性が好きなタイプ!!と断言。
Syrah(2011)
残念ながら、ちょっとブショネの香り。でも味はストーンとしていなかったのが不思議。
Zinfandel(2007)
昔家にあった灯油ストーブの香りが。フランスワインみたい。酸味がしっかりとしていて、ありがちな、こってりZinではないのが嬉しい。これ、美味しい!!と飲ませてもらった4人が一斉に。
Cabernet Sauvignon(2012)
これも美味しい。去年のワインだが、タンニンがまろやかになっていて今飲み頃なのが面白い。

ありえないくらいすべて美味しかったし、なによりもプロに頼らず自分で選択しながら行動している姿に感動した。限られたバジェット、しかも仕事をしながら・・・。なぜ、ここまで、がんばれるんだろう?
彼ならこれからも、もっと美味しいワインを造っていくだろうと思った。もっと話を聞いてみたいですね。私も、色々、がんばろう。

おまけ・・・
[PR]
by IamYukko | 2014-01-19 14:50 | たべもの & ワイン
野菜ジュース生活が始まる
Untitled

Untitled

「肉を減らして、野菜をてんこ盛りに!!」これが今年の目標の色々あるうちの一つ。

注文してから一週間。到着しましたジューサー「Omega NC800」。Hiroが色々調べていました。彼の購入決め手は、洗うことが簡単、しっかり絞れる。何よりも刃がなく、低速で絞るから、酵素が崩れない、これが一番の決め手らしい。酵素は熱に弱く、高速回転ジューサーのような高速の摩擦熱では半減してしまうそう。しかも、ポイントで買える!

毎日嬉しくて、じゃんじゃん絞っている。音も静かで、確かに洗うのが楽チン。野菜カスをもう一度絞って、最後はコンポストへ。わあ、なんて楽しいのでしょう、この循環。そして、野菜の甘いこと。レシピは色々あるけど、今のところ、これを試している。

Mean Green(リンゴ、セロリ、キュウリ、レモン、ケール、生姜)+時々ニンジン

1年後、体がどう変化するか、今から楽しみだ。自分で実験、実験。その前に、猫に小判にならないといいのだけど。
[PR]
by IamYukko | 2014-01-16 08:55 | くらし
家族写真 「母と息子」2
81

年末、大好きな親子の写真を撮った。記憶に残したいとのことで、一年半ぐらい前に撮った「母と息子」の第2段。

改めてファインダー越しに見ると、あまりの変化に驚嘆。なんて頼もしくなったんだろう。せっちゃんが恋する乙女のような顔をしていたのが印象的。幸せ感が伝わってきて、私にもうつるといいなーと思いながら撮っていた気がする。

More
[PR]
by IamYukko | 2014-01-14 07:46 | くらし
今年最初の憂鬱
84

土曜日は、なんだかはしゃぎ過ぎた。次の日の日曜日、久しぶりに10時近くまで寝ている。朝起きて「あ~ワイン会では飛ばし過ぎたな・・・・・煩かったな・・・・・」とちょっと自己嫌悪。初めて会う人がいると、ついついはしゃぎ気味な自分が顔を出す。なんでだろう。

頭をすっきりさせるため、コーヒーを飲みながら、庭の水遣り、畑仕事。去年から、雨がちっとも降らない異常な毎日。今は雨季なはずなんだけどなあ。スプリンクラー代を節約できるはずなんだけどなあ。

ワイン会で、ここ北カリフォルニアにあるCupertino市のメモリアルパークに「従軍慰安婦の像を建てる提案」が議会に出されたときいて、怒りというより呆然となった。今日、市長のメールを読んで、ちょっとだけほっとしたけど、どうなるんだろう。怒りが怒りを呼ぶ動きなっていきそうで、なんだかなだ。

cupertino市長のメールへの返答
[PR]
by IamYukko | 2014-01-13 07:55 | くらし
樋口了一 「手紙~親愛なる子供たちへ~」



今日のNHKラジオニュースで、樋口了一さんを初めて知りました。パーキンソン病のことも、この「手紙」の歌のことも。今、うまい言葉は出てこないけど、何度も聞いてしまっています。

樋口了一 ブログ
[PR]
by IamYukko | 2014-01-10 08:18 | えいが & ほん & アート
お年玉の使い道について
Untitled

今年の目標の一つに「自分の頭で考えて書いてみる」というのがあります。ついつい、Hiroの考えをパクって、自分の考えにしちゃう事が多いので。

"国の子供たちに告ぐ:お年玉はソッコーで使うべき!" Chikirinの日記より

”アルファブロガーのちきりん女史が若者の貯金志向を批判し、非難殺到 炎上状態に” NAVER まとめより

去年から「Chikirinの日記」を時々覗き、刺激を貰っている。年明け早々、Chikirinさんの意見に圧倒されながらも、なるほどなーと思い、反論を読んだらそれにも、なるほどなーと思い、なんだかいったりきたり。相変わらず人に感化されやすいです。

私はどうだったんだっけ。小中の時「貯金しておくね」と母親にしっかりお年玉は取り上げられた記憶があります。子供が3人、両親にとってあの頃のやりくりは、大変だった事でしょう。「お年玉で子供たちに好きな事をさせる」というより「入ってきたお年玉は、そのまま従兄弟たちに・・又は生活費に・・・」となっていたのかもしれません。ただ、大学の時、一ヶ月オーストラリアにホームステーさせてもらった。これは、忘れられない経験です。

知り合いが「孫には一切お金のお年玉をあげないのよ。その代わり、私のお年玉は、クラシックコンサートやバレエに連れて行くこと。親にはそんな余裕はないでしょ」といっていたことを思い出し、

ある友人は「2年後に中学校で東海岸に修学旅行があるの。行きたい子供だけだけどね。家の子は行きたいというので、お年玉は、このために貯金させるわ」と言っていた。

私は「OLしながら、日本語教師育成学校に行ったのは、いい自分への投資だったな。今役に立っているし」。でも、貯金したお金があったから出来た訳で、やっぱり、「そっこー使う」はないでしょ、貯金は必要だよーと思ったり。

「デフレ脱却、皆でお金を使おう!!」ってなんだか違和感を感じる・・・。

あれ、一体何が言いたいのか、私は。

Chikirinさんは「お年玉はそっこー使うべき」という事ではなく、「若いうちから将来への貯金を心配するより、今しかできない経験をした方がいいんじゃない?」という問題提起をしたかったのでしょう。

20代やら30代から、老後資金なんて貯め始める必要はありません。必要なのは、稼ぐ力をつけることです。” Chikirinの日記より

ただ、私は20代でも30代でもないので、しっかり老後資金を貯めなければいけないかな、という気がします。うん。
[PR]
by IamYukko | 2014-01-09 18:43 | くらし
年越しを引きずりながら 2014年開始
UntitledUntitledUntitledUntitled

今日、2日から仕事が始まる。アメリカだとなんだかあっけないお正月だ。

hiroは、元日のほとんどをかけて、2014年の目標を書いていた。「手書きで書いて、見えるところに貼った方がいいんだ」といいながら、事細かに書いていた。相変わらず真面目だ。意思が弱い私の方こそ、やった方がいいのは分かっているけど、「めんどくさいなぁ」で一杯になる。ひらめきで成功していく人もいるけど、自分はそんなタイプでもないし・・・。大切な事って、やっぱり面倒な事なんですよね。

静かな元旦と違って、大晦日は結構濃い時間が流れていた。この日、はしゃいだせいか、風邪なのか、昨日からほとんど声がでない。仕事はじめにとっては、いささかキツイ始まりとなった。
[PR]
by IamYukko | 2014-01-02 18:00 | くらし
朝日じゃなくて夕日
Untitled

お正月の朝日は見れず、というより起きられず・・・・。夕日に手を合わせました。
[PR]
by IamYukko | 2014-01-01 18:09 | くらし


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧