<   2006年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
シアトル旅行 (シアトル市内へ) 2日目後半
わぁ~シアトルだ!!国立公園も好きだけど、都会も好き。
車ごと船に乗ってオリンピック半島から反対岸のシアトルの町へ移動。
b0069309_58769.jpg
photo by Hiro
b0069309_582075.jpg
photo by Hiro

more
[PR]
by IAmYukko | 2006-08-31 23:15 | たび
シアトル (オリンピック公園) 2日目前半
オリンピック国立公園の最大の見所、世界遺産にも指定されているホーレイン・フォーレスト。

非常に多い降水量によって形成されたこの森は、一面にコケが覆われたなんとも神秘的な世界。なんだか「もののけ姫」の世界に踏み入れたかのよう。
もしかして森の精にでも会えるかも。
と期待しながら”Hall of Mosses"と”Spruce Trail"の二つのトレイルを歩いてみる。

訪れるのなら午前中がお薦め。
トレイルを終えて戻ってみると、森の精どころでなく人間達が非常に多くなっていた。
b0069309_52398.jpg

b0069309_1616198.jpg


more
[PR]
by IAmYukko | 2006-08-31 08:10 | たび
シアトル旅行 (オリンピック公園) 
家の近くでもよく野生の鹿を見る。
鹿を見かけることは、そんなに珍しいことではないが、見つけるとやっぱり心が踊ってしまう。
b0069309_15381195.jpg


宿泊・食事情報
[PR]
by IAmYukko | 2006-08-30 21:21 | たび
シアトル旅行 (オリンピック国立公園) 1日目後半
この辺は伐採跡をよく見かける。植栽された木はまだ細く小さい。

太古の景観をそのまま残している天然の林は、国立公園の限られた所に見られるだけで、それ以外では盛んに伐採が行われていたんだそう。
森林を伐採する度に環境保護団体から訴訟を起こされる。たいてい国有林側が負ける為、1992年以降アメリカでの木材生産は大きく環境に配慮することとなる。
b0069309_1243232.jpg
太平洋に面したリアルト・ビーチ。
海岸に打ち上げられた大量の流木。当時の伐採の爪跡なんだろう。
まるで恐竜の骨のような、木の骨のような不思議な光景。
生と反対の世界にいるような錯覚。文明と自然の対立。
なんだか答えの出ない想いが駆け巡って困ってしまった。
b0069309_16111458.jpg

b0069309_737539.jpg

b0069309_1264596.jpg
photo by Hiro
b0069309_1282126.jpg
photo by Hiro
[PR]
by IAmYukko | 2006-08-30 18:49 | たび
シアトル旅行 (オリンピック国立公園) 1日目前半
San Joseから2時間弱のフライト。
ワシントン州にあるシアトルは、サングラスを持ってこなかった事を後悔するくらい眩しい日差し、雲ひとつ無い見事な青空。
レンタカーを借り、一路西端にあるオリンピック国立公園へ車を走らせる。

カナダのビクトリアを往復する連絡船(片道1時間)が出発するポート・アンジェルスに到着。
そこから曲がりくねった道路を約40分ひたすら登り続けて展望台、ハリケーンリッジへ。
b0069309_1681924.jpg
駐車場から緩やかなハイキングコースを20分ぐらい歩くと、こんな感じの尾根が目に飛び込んでくる。反対にはビクトリアが一望できる。
ピクニック施設もあり、空の下、緑を眺めなが食べる機会を持てなかったことを二人で後悔。
というより、Hiroが「だからSafewayで買っていこうっていったんだよ・・・」とブツブツ。
b0069309_1662156.jpg
夜飲むワインと、いつでもピクニックができるように食料を買い込み、今日の宿泊施設があるフォークスを目指して、車の窓を全開にし、ひたすら西へと車を走らせる。
途中にあった大きい氷河湖、レイク・クレセント。
b0069309_164311.jpg
参考にしたHPオリンピック半島
[PR]
by IAmYukko | 2006-08-30 10:00 | たび
シアトル旅行
突然決まった4泊5日のシアトル旅行。

前日にホテルを取ったりと、相変わらずの無計画性。そんな出だしで始まった今回の旅行だが、あまりにも楽しくて、非常に満足したもので、そして素敵な町だったものだから、旅が終わってしまった今でも、現実に戻って来れないでいる。
どこもかしこも針葉樹の緑と湖の青。人も車も何かがシリコンバレーと違う。
ここに住みたい
ここで生活したい。
「シアトルはいい所だ」と、Hiroに言われ続けていたので、多少なりとも洗脳されていたのかも。いやそれを差し引いたとしても、そう思わずにはいられない、そんな町、シアトル。
b0069309_171574.jpg

[PR]
by IAmYukko | 2006-08-30 09:56 | たび
Frjtz (サンフランシスコ)  
この店名物、ベルギーポテトフライ。
Large($4.50)だと、ディップを15種類ぐらいある中から二つ選べる。
カリっとあがったあっつあっつポテトの美味しいこと。
b0069309_4215767.jpg
熱いものは熱いうちに食べるものでしょう。
b0069309_4224866.jpg


more
[PR]
by IAmYukko | 2006-08-23 13:00 | レストラン & カフェ
Frjtz (サンフランシスコ)  
久し振りの都会はもう楽しくて、楽しくて。

彼女のお薦めのカフェ、Frjtzで昼ごはん。Belgian, Fries, Crepes and Art Teahouse。
ここの看板を見ただけで、もうすでに心はハイパーモード。
いいね、いいね、店のサイズといい、明るさといい、なんだか吉祥寺にいるみたい・・・・
とはしゃぎまわる自分を少々持て余す。
b0069309_462452.jpg

b0069309_418282.jpg
Frjtz
579 Hayes Stret @ Laguna Hayes Valley

more
[PR]
by IAmYukko | 2006-08-23 12:06 | レストラン & カフェ
久し振りのサンフランシスコ
私にとって近いようで遠いサンフランシスコ。
サンフランシスコ在住の友達に会いに車を走らせる。
彼女の家の前に車を止めたら後は極楽ツアー。彼女の運転で、地元っ子お薦めの店に色々案内してもらえるもので。
センスの合う女友達に、何も考えず金魚のフンのようについて回るこの楽しさ。

ここは、よく雑誌の撮影ポイントになるんだそう。確かに、この景色なんだか見たことがある。
b0069309_4521264.jpg
Hayes Streetにて。
[PR]
by IAmYukko | 2006-08-23 10:00
遅い夏休み
今週からちょっとした夏休み。
特別大きいイベントは無いけれど、このリラックスした脳みそ加減がたまらない。
この開放感を味わう為に、仕事をしているようなものなのかも。

最近Hiroとは家でもっぱら、フランス、イタリアばかり飲んでいたが、久し振りに感動した
カリフォルニアワインに出会う。2000年のロキオリ。やっぱりロキオリは好きだな。
とにかく香りが凄いのである。きっと一番いい時期に開けたに違いない。

美味しさプラス休みの前に飲むワインはまた格別で、なんだか興奮していたのか、ちっとも
酔わなかった。
b0069309_12395642.jpg
井上絵美さんの「豚しそバター丼」。豚とバターと醤油のからみ具合がたまらない。

豚肉を塩コショウ、そして軽く小麦粉をはたいて焼く。カリカリになったところで、たっぷりの
バターと醤油をからめて出来上がり。私の大好きな定番料理。
b0069309_2543100.jpg

[PR]
by IAMYukko | 2006-08-21 10:39 | たべもの & ワイン


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧