<   2006年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
退屈じゃない授業
学生の頃、退屈な授業にはうんざりした。

しかし、自分が教える側に立つようになって、いかに魅力的な授業ってものが難しいか!!
そんな事を感じるようになる。
会社の語学クラスだけあって、未だ居眠りをしている生徒には、お目にかかった事はないが、あくびをする生徒はいるのだ。
おいおい、話がつまらないのか!!などと思ったりしてガクッと落ち込む。
とはいえ、そうそう落ち込んでばかりでは身が持たないので、最近は強気で。
それは・・・・・・。

あくびをしている生徒に、発言をしてもらうのである。その生徒ばかり当てると萎縮させてしまうから、その周りもガンガン日本語で質問する。これをすると、あくびは必ず止まる。
まあ、もっとも退屈じゃない授業をすればいいのだけど。
b0069309_25039.jpg
庭の花をマクロで。最近マクロ続き。なかなかカメラを持って外出する機会が持てないが、
身近なものでも知らない世界を垣間見れるマクロは本当楽しい。
[PR]
by IAmYukko | 2006-05-31 10:36
3連休の終わりは・・・・
アメリカの3連休は今日でおしまい。私はのんびり、ボーっと、心穏やかに過ごす。

出張から帰ってきたばかりのHiroは、かなりグッタリモード。
そんなHiroの誕生日である今日は、Hiroの大好きなWilliams Selyemを開けて、ささやかな晩餐会。

「なんてカリフォルニアのピノらしい香りなんだろう。やはり、ここのワインは裏切らない。
旨い、旨い、旨い。ベストワンだよ。」とHiroがボソリ。
「やっぱり、ピノはこうでなくっちゃ。さすがだよ。」と知ったかぶった私は答える。
b0069309_14162130.jpg
「ゆっこ、この香りは、本当最高だよ」Hiroが又ボソリ。
「そうそう、なんたって香りだよね、かおり。」と知ったかぶった私は答える。
b0069309_156202.jpg
レシピはアメリケーヌソースだったのだが、WholeFoodsにあるロブスタービスクを活用。
思ったとおり、いけますねえ。トマトピラフにも、このスープを絡めて食べたら美味しいこと。
前菜、サラダ、スープ、チーズなどもガツガツ食べていたので、デザートまでたどり着かず。
今日は、ここでお開き。
b0069309_14181471.jpg
また歳を一つ取ってしまいました。最近はよく健康の話題が上るようになりましたね。明日から、また少食生活に入りましょう。
何はともあれ、お誕生日おめでとう。
[PR]
by IAmYukko | 2006-05-29 23:14 | たべもの & ワイン
映画 「Crash」
今年のアカデミー賞を取った映画。
「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を手がけたポール・ハギスの作品、「クラッシュ」。

アメリカ社会の人種差別が色濃く反映されているが、それだけじゃなかった。
黒人、アジア、ヒスパニック、アラブなどの様々な人種の偏見、貧富の差別、銃問題、看護問題、親子、兄弟関係、英語が話せない問題など。
ロスの36時間だけで、あらゆる問題が次から次へとでてきて交錯する。

見終わってからも、ずっーとずっーと引きずって、そりゃ大変だった。

私だって、偏見者には非常に不快感を持ち、自分は正義を持っているつもりでいる。
その実、心の奥底では偏見がうごめいていたりもするのである。

「せこいぞ中国人、運転下手だなあインド人、偉そうにアメリカ人、こわっアラブ人・・・」
その人の悪口プラス、偏見もくっ付けて、心の中で悪態をつく。
何かの拍子で心がクラッシュしたら、「ぎえ~なんてやな奴!!」と私は思われるだろう。
いやいや、「日本人に言われたくないよ」と、どつかれるだろう。
b0069309_5452065.jpg
私はかなり好きなタイプの映画。立ち止まって考えるのが好きなもので。
監督は、映画のテーマを人種や階級ではなく、見知らぬ人間への恐怖だと語っている。
[PR]
by IAmYukko | 2006-05-28 08:44 | えいが & ほん & アート
映画 「メゾン・ド・ヒミコ」 
”私を迎えに来たのは、若くて美しい男。彼は父の恋人だった。”   「メゾン・ド・ヒミコ」より

オダギリジョーの熱烈なファンという訳ではなかったが、この映画を見て恋に落ちてしまった。

オダギリジョーが驚くほど美しい。無精ひげでも、ため息がでるくらい美しいのである。
わざとブス系メイクの役柄、柴咲コウも、なんだかとっても可愛いらしい。
そしてヒミコを演じる田中泯の存在感。美しいとは又違う、怖いくらいの色気とカリスマ性。

このような映画の設定だと、妙に説教くさかったり、痛々しいほど馬鹿ぽかったり、憤りが湧き出てきたりと、心が重くなりがち。

この物語は何だか淡々と進んでいき、何だか淡々と終わる。
でも観を終わった後、なぜか満足感が残る。音楽も心地良い。
きっと色々なテーマがあるのだろうが巧く言葉にできない。
なんだか不思議な気持ちで満たされた。
b0069309_15341693.jpg
感心してしまった映画評論ブログ、Arisanのノート

心に残った文章を書かれていたブログ、p-navi info
[PR]
by IAmYukko | 2006-05-27 15:33 | えいが & ほん & アート
井の中の蛙 大海を知らず
アメリカに住んでいると、どうしてもアメリカナイズされる面がでてくる。時には、こちらの基準で日本を批判したり。
その反面、日本に住んでいたときより、自分の考え方、日本のこと、を非常に意識するようになった。自分の持つ日本人性みたいなものが非常に心地よかったり。
b0069309_1128161.jpg
井の中の蛙、大海を冒険中なり。
b0069309_14131416.jpg

[PR]
by IAmYukko | 2006-05-25 09:00
まちのお菓子屋さん チョコ棒
友達から頂いた日本のお菓子。わあ、なにこれ。Hiroと感動。
日本は、この手の気楽な美味しいものがあって、本当に羨ましい。あっという間にクシャクシャな袋だけ。これを手がかりに、今度Hiroに半年分ぐらい買ってきてもらう。
b0069309_13473492.jpg

[PR]
by IAmYukko | 2006-05-23 23:44 | たべもの & ワイン
時には飛びたいときもある
「面倒くさがり屋」で「保守的」で、結構「ネガティブ」思考にある私でも
大冒険、成功するかしないか、ちっとも分からない事をまったくやらない!!
訳でもないのである。
「そんな事は無謀だよ」なんて自分のゴーストが囁いても、時には飛びたいときもある。
b0069309_13515114.jpg
友達とあれこれビジネスプランを考える。こりゃ、赤字だな。
でも、出来る限りの情報を集め、ビジネス専門のHiroの考えも聞いたりして。そして二人でガンガン議論しながら作戦練って突き進もう。
こんな風に「本気でやってみたい」と、思ってしまったよ。
b0069309_13522360.jpg
もしかしたら、無知であればあるほど、物凄い活力になるのかもしれないけど。

まずは、友達の出方にかかってる・・・・・・・・・・
と、意地悪なプレッシャーを書いておこう。自分の逃げ道ともいえるな、これって。
[PR]
by IAmYukko | 2006-05-23 08:16
詩人 茨木 のり子
友達から、茨木のり子さんが今年の2月に亡くなったことを聞いて驚く。
79歳。子供はなく、ご主人が亡くなってから一人暮らしだったそう。
もっともっと長生きして、心を発信してもらいたかった。

前にも紹介した詩はここ「自分の感性ぐらい」。
b0069309_3173743.jpg


わたしが一番きれいだったとき
わたしはとてもふしあわせ
わたしはとてもとんちんかん
わたしはめっぽうさびしかった

だから決めた できれば長生きすることに
年とってから凄く美しい絵を描いた
フランスのルオー爺さんのようにね

「私が一番きれいだったとき」より
[PR]
by IAmYukko | 2006-05-21 10:22
運がいいとか悪いとか
宝くじは買わないと、当たらない。
運がいい、悪いには、前提がある。それは「何かをすること」である。
と雑誌に書いてあった。

最近の若い人は「棚から牡丹餅」、「何もしなくて運がいい」が好き。
努力して幸運がやってきたら、当たり前。こなかったら、努力した分だけ損になるらしい。
なるほどね。
b0069309_302462.jpg
「棚から牡丹餅」なんて図々しいことは思わないけど、私も最近の人のように、進んで「何かをすること」があまり好きじゃない。かなりの面倒くさがり屋だから。
無理して、自分にカツを入れないと、何もしないし動かない。

というより、お天道様、ご先祖様が見ているから一人楽して生きていたら、罰が当たってしまうんじゃないか!!と「罰当たり主義」タイプなところがあるもので、前に出る。

まあ、運のよしあしなんて、考え方次第だし、運のよしあしなんて、誰にも分からないけど。

でも「やった!!」と思えるためには、「何かをすること」が必要なんだろう。

しかし・・・・・・・・・・・・・

最近は、本来の面倒くさがり屋の私が力を振るって、大変困るんです。
「罰当たり主義」の私もたじたじ。
とうとう最近はトイレに行くのも、誰かに代わって欲しい!!なんて言い出す始末。
[PR]
by IAmYukko | 2006-05-18 18:10
早い朝はドーナツ (Santa Clara)
アメリカは、朝の5時頃から小さい店があちこちでオープンし始める。それは豆腐屋さん!!
の訳はなく。
カウンターだけ、もしくはお持ち帰りだけのような個人がやっている小さいドーナツ屋。
ドーナツとコーヒーはアメリカの典型的な朝ごはん。

昨日は朝4時起き。空港でHiroを降ろしたのが6時前。まだ、6時前ですよ!!仕事までまだたっぷり時間があるじゃありませんか。もう一度寝、なんてことは、もったいなくてできません。

大型スーパーの前には大型トラックが荷物運び。こんなコーヒー屋一体だれが行くんかね?というようなコーヒー屋が結構繁盛。ジョギングしている人あり、自転車乗っている人あり。
不思議な人あり。朝早い町の中は、中々面白い。

私といえば「早い朝は、やっぱりドーナツ屋!!」と早速帰り道に寄ってみる。
Masamiちゃん一押しの、ここは6時から。
6時に行ったらもうすでに3人のお客が、カウンターに座って、ドーナツとコーヒーを飲みながら新聞を読んでいる。
b0069309_12393177.jpg
私は柔らかいのより、こんな感じのカリカリッと揚がったプレーンドーナツが大好き。
メキシカンのおじちゃんが、ひたすらドーナツを揚げていた。
6個買っても3ドルかからないお値段。
b0069309_12395315.jpg
家で早速コーヒーを入れて、出来たのドーナツにかぶりつく。うああああ・・・・う、旨い。
サンターアンタギーが好きな私には、たまらない味。周りはカリカリ、中はほわあ。
そして、ほんのりとした甘さが口一杯に広がる。
Masamiちゃんから教えてもらったここは、私のベストドーナツ屋。出来立てが食べられる朝一番のドーナツは、早起きの特権。

Donut Shop(シリコンバレーで一番美味しいとSanJose新聞で評価されたドーナツ屋)
2628 Homestead Rd.
Santa Clara, CA 95051
AM6:00 ~ PM3:00

more
[PR]
by IAmYukko | 2006-05-16 10:39 | レストラン & カフェ


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧