<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
大河の一滴
「私にとって心のバイブルなんだ、これ」と友から一冊の本を教えてもらう。五木寛之の「大河の一滴」。
その友の考え方が好きだから、それ以来ずーと読みたかったこの本を今読んでいる。穏やかな口調がどんどん胸に染み渡り、最初の数ページで心が一目惚れ。
手元に置いて、何度も繰り返し読んでみたい本に出合えた喜びをかみ締めながら、寝る前のほんの一時を心穏やかに過ごしている。

あなたは繰り返し読む本を何冊ぐらい持っているのでしょうか?
それはどんな本なのでしょうか?

私は人の本棚を見るのが結構好き。その反面、自分の本棚はなんだか恥ずかしくて見せられないんだけど。
b0069309_16292540.jpg
”物事をすべてプラス思考に、さっと切り替えることのできる器用な人間ばかりならいいだろうが、実際にはなかなかうまくいかない。私たちはそんなとき、フーッと体から力が抜けていくような、なんともいえない感覚をあじわう。むかしの人たちは、そういった感じを、
「こころ 萎(な)えたり」と言った。」” 大河の一滴より

そう、私はちょっぴりマイナス思考の持ち主。
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-29 15:51 | えいが & ほん & アート | Comments(18)
4連休
アメリカは木曜日が感謝祭のため4連休。私は水曜日から休みだから、うふふの5連休。
Hiroの友達に会ったり、家でちょっと高いワインを開けたり、買い物に出掛けたり、と比較的静かにゆったり過ごす。これって嵐の前に静けさ。
なぜなら土曜日はこの辺りで有名な台風の目、ノリちゃん家族とあっこちゃん家族を呼んで
はちゃめちゃ愉快に過ごしたのである。
b0069309_12225223.jpg


続き・・・
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-27 19:46 | Comments(15)
鈴なりの銀杏
お父さん、お元気ですか。

子供のころ特に好きでもなかったというのに、いつのまにかこの時期になると食べたくてたまらなくなるものがあります。それは銀杏。
私がまだ小学生の頃、秋になると週末は、朝6時に起こされ弟二人とよく銀杏拾いに連れて行かされましたね。覚えていますか?今もなお、この銀杏独特の匂いに出会うと、あの時の光景が頭をよぎります。あっという間にバケツ一杯の銀杏。そして皮むき。さすがに、この時は逃げ出さずにはいられませんでした。きっとご近所さんは、いい迷惑だった事でしょう。
いつも冷凍庫の半分は銀杏が占領。毎日山盛りの銀杏。
そしてご機嫌なお父さんの顔。
いつの日か「銀杏はもういいな。冷凍でも味が悪くなる。」という言葉を聞いて
私達兄弟は、こっそりホッとしたことか。
b0069309_452826.jpg
私は、ふとした景色から子供だった自分に出会えるのを、まんざら嫌いではないのです。こんな経験があるから、銀杏を懐かしく見てしまうのですね。今でも簡単に油で炒めて、サッと塩をかけて食べる食べ方が一番だと思っています。
秀ちゃんも武ちゃんも銀杏拾いのことは、強く心に刻まれていると思いますよ。
なんてったって臭かったんですから(笑)。なんだか同じ事をしていたら怖いですけど。
日本はこれからますます寒さが厳しくなっていくことと思います。どうぞご自愛ください。
b0069309_2135149.jpg


続き・・・
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-23 02:10 | Comments(24)
西洋梨
西洋梨を初めて食べたのは、一体いつの頃だったのだろう?子供の頃、西洋梨が店頭に並んでいる記憶があまりない。いや、全くない。父が西洋梨が好きだったので、たまに食卓に上ることがあったが、美味しいと思ったためしが無い。シャリシャリっとした梨とりんごで慣れた口は、グニュという歯応えにまずたまげたものだ。

しかし、ここアメリカに来て西洋梨の美味しさに目覚める。「わあ、なんて奥が深い味」。今から思えば、きっと子供の頃食べた洋梨は、上手く熟されていなかったのだろう。りんごやアジア梨に比べて食べ頃が難しいときく。いやいや、子供なんぞに分からない大人の味だったのかもしれない。そして歯ざわりも少しずつ学習していく。

初めて食べたオ・フランス。じゃなくてラ・フランス。口の中でとろける濃厚な甘さに、泣きそうになる。こ、これは一体何者?子供の時に出会ってなくて本当によかった。

西洋では、西洋梨を台所や居間にインテリアとして飾っておいて、追熟した物からお菓子や料理に使っていくらしい。確かに絵になるんだよねえ、西洋梨って。なんだか、食べる前からうっとりしていまう。
b0069309_884950.jpg
一口に西洋梨といっても、色々な種類がある。そこで、実際味を比べてみようと一つ一つ買ってみた。

自己満足の世界へ・・・
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-21 18:08 | たべもの & ワイン | Comments(25)
あてずっぽうの人生
なんだか、読書量が激減している。忙しいなりに1日1時間でも2時間でも時間なんて、作ろうと思えば絶対作れるはずなのに・・・。「仕事が忙しいんだもん、調子が悪いんだもん、疲れたんだもん」と自分に言い訳ばかり。「あ~あ、今日も終わっちゃった」という日々の繰り返し。
ブログを書くようになって、痛切に感じることは、自分のボキャブラリーの乏しさ。いや、前々から自分の言葉の少なさには、とっくに気がついていたけど。

考えてみたら私は、日本語に限らず英語に対しても「あてずっぽう」が多すぎなのだ。
「こんな意味だろう、こんな音だろう」と、言葉に対していい加減だから、いつまでたっても語彙が増えないし、「いいまつがい」が多い。どうも、この「あてずっぽう」の性格に、Hiroはイライラするらしい。
b0069309_10503636.jpg
しかしだね、Hiroよりもっとイライラするのが、この私だよ。この「あてずっぽう」、日常生活では、それなりに通じてしまうもの。しかし肝心な時に議論ができないのだから。
夫婦喧嘩もしかり。言葉が足りないせいで、どんどん論点がずれていく。気持ちと言葉がどんどんかけ離れていく。本当に言いたいことが言えない、これはかなり悲惨な状態である。
どうしてこの人は、自分の言葉を持っているのだろう。

続き・・・
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-19 10:30 | Comments(23)
いとをかし
オレオちゃんから頂いたサンターアンダギーに舌鼓。
そういえば、母から貰った沖縄の黒糖アンダギーの粉が戸棚でまだ眠っている。欲しかったものを貰ったり、買ったりすると、それだけで満足しちゃう。これって悪い癖。そんな物が我が家にゴロゴロ冬眠中。これじゃあ、泣いているな。
それにしても、この丸っこい表情、何ともいえない。私にとってコロっとしたものはなんでも
「いとをかし」。
b0069309_15481419.jpg


続き・・・
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-16 19:46 | たべもの & ワイン | Comments(27)
ズーム機能
カメラに片目を押し付ける。不思議とレンズを通すと、それまで見えなかったものが見えたりする。上から見下ろしたり、下から見上げたり、時には這いつくばったり。マクロの世界へズームイン。ほら、自分の世界がこんなに小さくなる。
b0069309_15527100.jpg
そして今度は広角へズームアウト。世界がどんどん広がっていく。視点を変えるだけで、面白いくらいコロコロ表情って変わるもの。人間にはないズーム機能。あったらきっと面白いと思うけど・・・。
b0069309_15522178.jpg
それでは、ズーム機能がない私は、偏ってしまいがちな視点をどうやって変えてみましょうか?持っている視野をどうやって広げてみましょうか?
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-14 22:51 | Comments(12)
地ビールレストラン
開店を一週間後に控え、地ビールレストランCoastlineのオープニングパーティーに出席。場所は海の町サンタクルーズのダウンタウン。天井が高く、ドンと広い空間
ウエイター、ウエイトレスは笑顔がCuteな子が勢ぞろい。100人も面接に来たんだと。若者が集いそうなビール屋さん。3種類の地ビール、そしてワインがおいてある。

お店がお客さんに愛されて繁盛するためには、一体何が大切か?料理、サービス、雰囲気?
この日、感じた事はたくさんある。スタッフあってのこの仕事。チームワークの大切さを思いながら、「こうした方がいい」「ああした方がいいのでは?」とレストランのオーナー達との話し合いに、私も参加できた事。これは、私のかけがえのない財産。
b0069309_238468.jpg

人と人が集う楽しい場、人と人の縁の場が提供できたら、どんなに楽しいだろうか。
経営の事は分からないが、スタッフ皆、感じている事は同じなんだと思う。生き残りをかけた戦いが今始まろうとしている。
b0069309_2382353.jpg
10時からは、食事からライブにはや代わり。ここからは一般の人達も来店。
ライブ料金3ドル。今日のバンドは、ラッパーとロックのヒュージョン系。このグループの追っかけなのか?若い女性がたくさん来ていた。とにかく凄いノリ。

圧倒されている自分、ビールに全然酔ってない自分がそこにいる。最初から最後まで、体が受けつけないくらいかなり興奮していたんだろう。
b0069309_2383559.jpg
120 Union St. Santa Cruz,
Coastline Brewery (HPまだ無し)
地ビール&ライブハウスレストラン

この日の夕焼け・・・
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-12 23:37 | レストラン & カフェ | Comments(11)
「超やばい」
「超おいしい」「超うれしい」という言葉が使われ始めた頃は、すでにアメリカ。私はこれらの言葉が使えない。でもこちらで、運良く「超やばい」なんて言葉を聞くと「わあ!!最新」と、なぜか嬉しくなる。私はどちらかというと「ナウい」、なんて言ってしまう死語系タイプ。
最悪!!なんていうときに、昔よく使っていたなあ、「げろげろ・・・」。「そんなバナナ・・・」
「えんがチョ」「ちょっとタンマ・・・」「ぴったしカンカン」なんていうのも今でも通じるのだろうか。
b0069309_54266.jpg
雑誌にこんな話が。電車の中で高校生らしき制服を着た2人組みの会話。
「最近の天気予報って、言葉乱れているよね」
「どうして?」
「だって、昨日も”超大型台風”とか言っていたもん。超やばくない」
その言葉を自然に使っている世代も色々大変なのね。
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-09 20:25 | Comments(24)
食後は・・・
やはりコーヒーと甘いもの。ギリシャのデザートには今回挑戦せず、この辺りの人なら絶対知っている「COCOLA」へ。マンゴケーキとチョコケーキをもちろん仲良く半分っこ。これはお決まりのルール。やはり、ここのケーキは裏切らない。
b0069309_15583866.jpg
「美味しい」「美味しいねえ」二人の口からは、こんな言葉しか出てこない。もしくは「ああ~」「う~」「はあ~」。感動したときって、自分の語彙の乏しさに悲しくなる。感じたものを置き換えられない。実際の場面では、赤ちゃん用語でも、ガシっと伝わるのだが。

コーヒー一杯とケーキで、何時間も色々な話をした。やはり言葉って凄い。交わせば交わすほど、理解が深まるような気がする。携帯電話の音で我にかえる。外は日が暮れ始めていた。
b0069309_15594854.jpg
この後、友達の家で夕食のお呼ばれ。なんだか盛りだくさんの嬉し楽しの金曜日。

続き・・・
[PR]
by IAmYukko | 2005-11-04 20:52 | レストラン & カフェ | Comments(14)


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧