あいまい言葉 勘違いシリーズ
「先生、昨日は酷い目にあった」と、笑いながら話し出した初級レベルの一人の生徒。

たまたま入った日本食レストラン。そこのウエイトレスが全然英語が話せなかったらしい。
お互いつたない英語と、つたない日本語と、身振り手振りで意思疎通。
シェフのお任せを持ってきましょうか?というような事を言われたので、
それをお願いしたつもりが、ビール、枝豆がでてきた後、ピタリと無いもでてこない。
待てども待てども料理が来ない。1時間経過。腹ペコの彼ら。一体どうして?

犯人は、その生徒が使った日本語にあった。
「シェフのお任せにしますか?」
「あ、それは結構です」
これが今回の悲劇。けっこう=Fineとだけ彼の頭にはインプットされていたので、断わる意味があるとは思ってもいなかったのだ。
この「けっこう」は、くせもの。「はい、結構です」「いいえ、結構です」で意味が全然違う。
ちなみに、「結構」の使い方はまだ習っていない段階。

そう言えば私も、「No, thank you」のつもりで、「I'm okay」と使ったら、断わったつもりの料理がでてきたことがあった。これも同じ系統の言葉?

この後、「日本でチョップスティックと言ったら、ケチャップがでてきた」など、
勘違いオンパレード大会へと授業が発展していったのだった。
b0069309_2415319.jpg
頂いたSaturaのオレンジブレッド。美味しゅうございました。
[PR]
by IAmYukko | 2007-05-29 09:41 | たべもの & ワイン
<< タマ 25歳 同じ発音 勘違いシリーズ >>


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧