困ったときのHiro頼み
日本語を教える仕事以外に今、日本がらみのコンサルティングの仕事をしている。
私が色々な人に日本語でインタビューしたものを英語に訳したり、インターネットで色々リサーチしたりと、日本語教師とはまったくフィールドが違うもの。

ここのところ週末もこの仕事に追われ、ストレスで爆発したり泣きそうになったり。
そんな私を不憫に思ったのかHiroが救いの手をのべてくれた。
おお・・・あなたは神様、仏様、はたまた少々ふくよかな観音様。

私が何時間もかかって翻訳していた日本語を、あっという間にこなしていく。さすがだHiro。
ふとみると、さっきから頭を抱えて考え込んでいる。
やっぱりねえ、Hiroでも難しいんだな、結構専門用語も入っているし・・・。
「ゆっこ~」とHiroからお呼びが。
ねっねっ、やっぱり大変でしょ!!と親近感をもっていってみると・・・。
「ゆっこの書いてある日本語がちっとも分からない、日本語を日本語に訳して、そして英語にしなきゃならないなんて・・・・やってられないよ」
ひっ!!な、なんてこった。
b0069309_054120.jpg

[PR]
by IAmYukko | 2006-09-29 09:05 | くらし
<< サンフランシスコ (ローフード... 見なかったことにする時 >>


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧