ワイン会 ブラインドによるピノ飲み比べ


先週はワイン会。クレモント泡、シャルドネー白、ピノ4本。プラスピノ1本。
この日のトピックは友人が企画した「ピノブラインド」。最初はすべてカバーをつけて飲んでいました。

これは、鉄の味がする〜、これは赤いベリー系、こっちはダークなベリー系、とみんなであーだこーだ。
これはミネラルを感じるからフランスのピノで、これは典型的なカリフォルニアだよ。サンタバーバラかナパか?と言いたい放題。

これがブラインドの醍醐味で、楽しいのです。答えを知っているホストは、そんな会話にニコニコ。

ジャーン、Au Bon Climat(オー・ボン・クリマ)。三角のラベルが特徴の通称ABCワイン。オーナー兼ワインメーカーのジムが、ブルゴーニュで修行し、エレガントなワインを目指しているところ。そのためワインの特徴の一つにアルコール度数の低さがあるそうです。といっても、かなりカルフォルニアらしい気がしました。でもアルコール高めのこってり系ではないです。また、野生酵母のみで発酵させる昔ながらの手法を尊重しています。
今回は国の違いではなく、一つのメーカーの畑の違いのブラインドだったのです。サンタバーバラといってもこんなに畑に寄って味が違うとは・・・。

なんだかんだいってABCは美味しい。人気があるのがわかる気がします。しかもほとんどが30ドル前後。近年カリフォルニアのピノは割高なのですが、コストパフォーマンスがいいのも嬉しいところ。

最後にホストの人がワインセラーからフランスのピノを出してくれました。やっぱりフランスは美味しいや。

 untitled
左から、
Au Bon Climat 2015 Santa Barbara County Chardonnay 16.99 
たる系、バッタリー系のシャルドネ

Au Bon Climat 2012 Knox Alexander Pinot Noir (2) 39.99 
ル・ボン・クリマの特定のブロックとビエンナシード(山の斜面)の特定のブロッグのピノブレンド
なかなか香らず最初はブショネ?と思うがどんどん香りがでてくる。ダークベリー、マッシュルーム
時間が必要なワイン

Au Bon Climat 2002 Knox Alexander Pinot Noir (1) 39.99?
ビエンナシード(斜面のワインのみ)
華やかな香り、ストロベリー、チェリー、シナモン

Au Bon Climat 2015 Santa Barbara County Pinot Noir (4) 18.99
サンタバーバラのピノブレンド
ストロベリー。ブラックベリー、フルーティで軽やかな甘み

Au Bon Climat 2013 La Bauge Au Dessus Pinot Noir (3) 26.99
ル・ボン・クリマとビエンナシードのピノブレンド
アーシー、スパイス、ペタル(私にとってこれらは鉄系)

*( )は飲んだ順序。

一番目に飲んだワインが一番好き(今回一番人気)。ただ4番目はコストパフォーマンスを考えると一番に踊り出そうな感じ。by my friend

「ノックス・アレキサンダー」は息子さんの名前。今回はなかったですが、娘さんの名前の「イザベラ」ピノも有名です。

PS
ワイン会での懐かしい写真を発見。そういえば、彼女が生まれた年のワインを両親が作ったんだよな〜。

 untitled


[PR]
by IamYukko | 2017-05-30 23:50 | たべもの & ワイン
<< ワイン会の後は 梅の行方 >>


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧