出張後は
Untitled
中国と日本の出張から帰国したヒロ。中国では四川料理の美味しいもの、日本では旬の魚を味わってきたみたいです。ああ・・新鮮な魚、羨ましい。長い出張の後は、野菜中心、塩抑えめの食事が続きます。

Untitled

”冬に合せて固めた(濃度を高めた)血液を、体は春へと新しく着替えよう、開こうとします。うまく適応できないと、頭痛や発熱などで表れることもありますが、体が一生懸命適応してくれている証。

苦味をとろう!

さて、春に合せて血を溶かし、どんどん流すのに役立つのが「苦味」。春の野草に代表されますが、(春の七草も、旧暦では節分付近です)ふきのとうとか、いろいろと苦味が出てきます。ごぼう、大根菜も役立ちます。
春は、赤紫の野菜が多くでてきますが、それも肝を刺激し、血流に役立ちます。全体は白緑でも、付け根がうっすらと赤紫をまとっていることも、種取り野菜や無農薬栽培のお野菜には多いんですよ。

梅干しとワカメをとろう!

梅干しも古い冬の細胞を着替えるのに役立ちます。ご飯を炊くとき梅干しを入れて炊くのもいいですよ。
苦い野菜が不足すると、体は本能的に、ついついコーヒー・カカオなどの苦味に走りがちですが、喉や免疫を傷めたり、心肺、子宮、腸や肌などに、後で辛いことになりやすいです。人によっては熱代謝が悪くなって怒りっぽくなることも。嗜好品として、本当によい質のものを時々楽しみましょう。(私もコーヒーも大好きなので、節制しています)
わかめ(特に塩蔵やフレッシュなもの;乾燥でないもの)も一段と助けになりますし、発酵食品も、一層役立つシーズンです。”
奥津典子さんのブログより



[PR]
by IamYukko | 2017-04-03 07:43 | マクロビオティック
<< 味噌作り@2017 春になると >>


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧