老後はアメリカ?日本?  セミナー
Untitled
友人から息子さんの高校の卒業式に招待してもらいました。残念ながら参加できなかったのですが、卒業式の前に高校の前をちらっと。午前中から家族の席とりがはじまっていました。
若い子たち、ご家族、きっと将来に胸を膨らませていることでしょう。

Untitled

私が頭を悩ませていることは・・・

老後は日本か?それともアメリカか? 
アメリカに来たばかりの時は、全く将来のことなど気にもしませんでしたが、最近の関心ごとの一つに、こんなことがあります。そこで、下記のような日本語の無料のセミナーがあったので参加してみました。

1、本当はもらえるかもしれない日本の年金。
2、老後は日本帰国? アメリカで引退?

内容は・・・・

アメリカの年金の受給資格は、40クレジット(1クレジット=3ヶ月)。
ただ、海外在住者が知っておくと便利な制度は、日米通算期間が適応されるということ。アメリカに移住しても合計25年間、年金に加入していれば日本の年金を受け取る資格があるということ。
アメリカからでの手続きは複雑なので、直接日本を訪問して手続きをした方が簡単だということ。
日本国内で受けとる場合、銀行での手数料がかからないが、アメリカで受け取る場合、一回につき$10−$30の手数料が発生するということ。
税金は、受け取る国で発生。そのため、アメリカ、または日本で2重に取られないように書類を提出すること。
日本の国民健康保険、介護保険のしくみのこと。

後半は、もし日本への帰国を決めた場合、アメリカでの年金・金融商品・不動産をどうすればいいのかという話になりました。

参考になりそうなサイト: セミナー以上に細かい情報がのっています。
アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング
[PR]
by IamYukko | 2015-06-08 18:48 | くらし
<< イライラモードを変えるボタン 犯人探し >>


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧