お年玉の使い道について
Untitled

今年の目標の一つに「自分の頭で考えて書いてみる」というのがあります。ついつい、Hiroの考えをパクって、自分の考えにしちゃう事が多いので。

"国の子供たちに告ぐ:お年玉はソッコーで使うべき!" Chikirinの日記より

”アルファブロガーのちきりん女史が若者の貯金志向を批判し、非難殺到 炎上状態に” NAVER まとめより

去年から「Chikirinの日記」を時々覗き、刺激を貰っている。年明け早々、Chikirinさんの意見に圧倒されながらも、なるほどなーと思い、反論を読んだらそれにも、なるほどなーと思い、なんだかいったりきたり。相変わらず人に感化されやすいです。

私はどうだったんだっけ。小中の時「貯金しておくね」と母親にしっかりお年玉は取り上げられた記憶があります。子供が3人、両親にとってあの頃のやりくりは、大変だった事でしょう。「お年玉で子供たちに好きな事をさせる」というより「入ってきたお年玉は、そのまま従兄弟たちに・・又は生活費に・・・」となっていたのかもしれません。ただ、大学の時、一ヶ月オーストラリアにホームステーさせてもらった。これは、忘れられない経験です。

知り合いが「孫には一切お金のお年玉をあげないのよ。その代わり、私のお年玉は、クラシックコンサートやバレエに連れて行くこと。親にはそんな余裕はないでしょ」といっていたことを思い出し、

ある友人は「2年後に中学校で東海岸に修学旅行があるの。行きたい子供だけだけどね。家の子は行きたいというので、お年玉は、このために貯金させるわ」と言っていた。

私は「OLしながら、日本語教師育成学校に行ったのは、いい自分への投資だったな。今役に立っているし」。でも、貯金したお金があったから出来た訳で、やっぱり、「そっこー使う」はないでしょ、貯金は必要だよーと思ったり。

「デフレ脱却、皆でお金を使おう!!」ってなんだか違和感を感じる・・・。

あれ、一体何が言いたいのか、私は。

Chikirinさんは「お年玉はそっこー使うべき」という事ではなく、「若いうちから将来への貯金を心配するより、今しかできない経験をした方がいいんじゃない?」という問題提起をしたかったのでしょう。

20代やら30代から、老後資金なんて貯め始める必要はありません。必要なのは、稼ぐ力をつけることです。” Chikirinの日記より

ただ、私は20代でも30代でもないので、しっかり老後資金を貯めなければいけないかな、という気がします。うん。
[PR]
by IamYukko | 2014-01-09 18:43 | くらし
<< 樋口了一 「手紙~親愛なる子供... 年越しを引きずりながら 201... >>


カテゴリ
はじめまして
くらし
たべもの & ワイン
レストラン & カフェ
えいが & ほん & アート
マクロビオティック
たび
レシピ
魔法のSponge Cake


ブログパーツ

以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧